三十六俳仙(読み)さんじゅうろくはいせん

精選版 日本国語大辞典「三十六俳仙」の解説

さんじゅうろく‐はいせん サンジフ‥【三十六俳仙】

三六人のすぐれた俳人の呼称。三十六歌仙・三十六詩仙などに対して、与謝蕪村の「三十六俳仙図」によって選び出されたもの。すなわち、山崎宗鑑・荒木田守武・松永貞徳・松江重頼(維舟)・野々口立圃・安原貞室・西山宗因・柏原捨女(すてじょ)・伊藤信徳・池西言水(ごんすい)・上島鬼貫・小西来山・山口素堂・松尾芭蕉・榎本其角・服部嵐雪・向井去来・内藤丈草・森川許六・各務支考・立花北枝・越智越人・鯉屋杉風・志田野坡(やば)・河合曾良・岩田涼菟(りょうと)・中川乙由・服部土芳・大津智月尼・渡会園女(そのじょ)・感応院千那・沢露川・仙石廬元坊(ろげんぼう)・松木淡淡・綿屋希因・早野巴人をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android