コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早野巴人 ハヤノハジン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早野巴人 はやの-はじん

1676-1742 江戸時代中期の俳人。
延宝4年生まれ。榎本其角(えのもと-きかく),服部嵐雪(らんせつ)にまなぶ。江戸日本橋にすみ夜半亭と称した。門人に与謝蕪村(よさ-ぶそん)ら。寛保(かんぽう)2年6月6日死去。67歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は忠義。通称は甚助。別号に宋阿,郢月泉(えいげつせん)など。編著に「一夜松」「桃桜」。
【格言など】伊勢近し尾花が上の鰯雲(いわしぐも)(「夜半亭発句帖」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

早野巴人

没年:寛保2.6.6(1742.7.7)
生年:延宝4(1676)
江戸中期の俳人。通称は甚助。別号は竹雨,宋阿,郢月泉,夜半亭。下野国烏山(栃木県那須郡)に生まれたが,はやくに江戸へ出た。俳諧は,榎本其角,服部嵐雪に師事した。両師他界後は,高野百里,稲津祇空らと親交を重ねた。享保半ばに京へ移住して,約10年間滞在。元文2(1737)年に再び江戸に下る。東下後,日本橋石町に夜半亭を結び,若き与謝蕪村砂岡雁宕らを指導。かつ若きころを懐しみつつ風雅に遊んだ。その高邁な精神は,蕪村に示唆した「師の句法に泥むべからず」に明らかである。<参考文献>潁原退蔵「夜半亭巴人」(『潁原退蔵著作集』13巻)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はやのはじん【早野巴人】

1676~1742) 江戸中期の俳人。下野しもつけの生まれ。通称、新左衛門。別号を宋阿・夜半亭など。榎本其角・服部嵐雪に師事。芭蕉の俳風を慕い、門下から蕪村・雁宕がんとう・宋屋などを輩出した。編著「一夜松」「桃桜」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の早野巴人の言及

【巴人】より

…江戸中期の俳人。姓は早野,名は甚助。別号は宋阿,夜半亭。下野烏山の人。江戸に出て其角,嵐雪に学び,百里,祇空らと交わる。1727年(享保12)京に移住して宋屋らを導き,10年後江戸に帰って夜半亭を結び,蕪村,雁宕らを育てた。俗化する俳壇にあって清高の気品を保ち,その人格と識見は蕪村を大いに感化した。句は平静淡雅である。〈小夜時雨船え鼠のわたる音〉(《夜半亭発句帖》)。【田中 道雄】…

※「早野巴人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早野巴人の関連キーワード中村兵左衛門(9代)望月宋屋高井几圭高井几董炭太祇俳風編著芭蕉早野

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早野巴人の関連情報