コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早野巴人 ハヤノハジン

4件 の用語解説(早野巴人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はやの‐はじん【早野巴人】

[1676~1742]江戸中期の俳人。下野(しもつけ)の人。通称、甚助。別号、夜半亭など。江戸へ出て宝井其角服部嵐雪に師事。門下に与謝蕪村がいる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早野巴人 はやの-はじん

1676-1742 江戸時代中期の俳人。
延宝4年生まれ。榎本其角(えのもと-きかく),服部嵐雪(らんせつ)にまなぶ。江戸日本橋にすみ夜半亭と称した。門人に与謝蕪村(よさ-ぶそん)ら。寛保(かんぽう)2年6月6日死去。67歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は忠義。通称は甚助。別号に宋阿,郢月泉(えいげつせん)など。編著に「一夜松」「桃桜」。
【格言など】伊勢近し尾花が上の鰯雲(いわしぐも)(「夜半亭発句帖」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早野巴人

没年:寛保2.6.6(1742.7.7)
生年:延宝4(1676)
江戸中期の俳人。通称は甚助。別号は竹雨,宋阿,郢月泉,夜半亭。下野国烏山(栃木県那須郡)に生まれたが,はやくに江戸へ出た。俳諧は,榎本其角,服部嵐雪に師事した。両師他界後は,高野百里,稲津祇空らと親交を重ねた。享保半ばに京へ移住して,約10年間滞在。元文2(1737)年に再び江戸に下る。東下後,日本橋石町に夜半亭を結び,若き与謝蕪村砂岡雁宕らを指導。かつ若きころを懐しみつつ風雅に遊んだ。その高邁な精神は,蕪村に示唆した「師の句法に泥むべからず」に明らかである。<参考文献>潁原退蔵「夜半亭巴人」(『潁原退蔵著作集』13巻)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はやのはじん【早野巴人】

1676~1742) 江戸中期の俳人。下野しもつけの生まれ。通称、新左衛門。別号を宋阿・夜半亭など。榎本其角・服部嵐雪に師事。芭蕉の俳風を慕い、門下から蕪村・雁宕がんとう・宋屋などを輩出した。編著「一夜松」「桃桜」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の早野巴人の言及

【巴人】より

…江戸中期の俳人。姓は早野,名は甚助。別号は宋阿,夜半亭。下野烏山の人。江戸に出て其角,嵐雪に学び,百里,祇空らと交わる。1727年(享保12)京に移住して宋屋らを導き,10年後江戸に帰って夜半亭を結び,蕪村,雁宕らを育てた。俗化する俳壇にあって清高の気品を保ち,その人格と識見は蕪村を大いに感化した。句は平静淡雅である。〈小夜時雨船え鼠のわたる音〉(《夜半亭発句帖》)。【田中 道雄】…

※「早野巴人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早野巴人の関連キーワード井上布門大場雄渕舎羅槐本諷竹巴人鏡裏坊高山峰丸樗雲村井白扇芄月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone