コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田守武 あらきだ もりたけ

美術人名辞典の解説

荒木田守武

戦国時代の連歌俳諧作者・伊勢内宮の神官。連歌を宗祇・宗朝に学ぶ。和歌・連歌に習熟し、俳諧興隆の基礎を築いた。天文18年(1549)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

荒木田守武【あらきだもりたけ】

室町後期の連歌,俳諧(はいかい)作者。伊勢神宮の内宮(ないくう)三禰宜(ねぎ)荒木田(薗田)守秀の子。15歳で禰宜となり,69歳で一禰宜に上る。1540年独吟の俳諧千句(《守武千句》《飛梅(とびうめ)千句》などという)を作り,山崎宗鑑とともに俳諧独立の機運をつくる。
→関連項目犬筑波集俳諧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田守武 あらきだ-もりたけ

1473-1549 戦国時代の神職,連歌師。
文明5年生まれ。母は荒木田氏経の娘。荒木田守晨(もりとき)の弟。天文(てんぶん)10年伊勢内宮一禰宜(いちのねぎ)(長官)となる。連歌を宗祇(そうぎ),宗長,猪苗代(いなわしろ)兼載にまなぶ。9年「俳諧之連歌独吟千句(守武千句)」をよみ,山崎宗鑑とともに連歌から俳諧が独立する基礎をきずいた。天文18年8月8日死去。77歳。本姓は薗田。歌集に「世中百首」など。
【格言など】春の夜の朧月夜(おぼろづくよ)と世中の博打(ばくち)うたぬにしくものはなし(「世中百首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木田守武

没年:天文18.8.8(1549.8.30)
生年:文明5(1473)
室町時代の連歌・俳諧作者。伊勢内宮神官。父は荒木田守秀,母は藤波氏経の娘。15歳で禰宜となり以後累進,天文10(1541)年,69歳で一禰宜長官に至る。若いころより連歌を好み,明応4(1495)年,23歳の折,飯尾宗祇選『新撰【G7EDF玖波/つくば】集』に兄の守晨と共に1句入集した。その連歌作品には『法楽発句集』『秋津洲千句』などがある。また老齢におよんで,当時新しく興った俳諧に熱中,天文9(1540)年,68歳のとき,『守武千句(俳諧之連歌独吟千句)』を詠み,従来言捨て(正式に書きとめない句)でしかなかった俳諧で,初めて千句形式を完成させた。『犬筑波集』的な猥雑な笑いを避け,言葉の縁によって連想を繋ぐ句風で,「聟入りの道のほとりの花薄 とくりを持たせ秋風ぞ吹く」などのような穏やかな句がある。ほかに教訓歌『世中百首』,小話を集めた『守武随筆』なども著した。<参考文献>神宮司庁編『荒木田守武集』,伊藤正雄「荒木田守武」(明治書院『俳句講座』2巻)

(沢井耐三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらきだもりたけ【荒木田守武】

1473‐1549(文明5‐天文18)
室町後期の伊勢内宮神官。連歌,俳諧作者。内宮三禰宜荒木田(薗田)守秀の子。母は藤波氏経の女。15歳で禰宜となる。69歳のとき一禰宜長官に昇る。連歌をよくして《新撰菟玖波(つくば)集》に兄守晨とともに入集。宗長,宗碩らと交友。俳諧に独自の境地をひらき山崎宗鑑とともに始祖とされる。《守武千句》をはじめ《俳諧独吟百韻》《秋津洲千句》や,世人を教戒するために詠んだ《世中百首》(《伊勢論語》と通称)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あらきだもりたけ【荒木田守武】

1473~1549) 室町後期の連歌師・俳諧師。伊勢内宮の神職。山崎宗鑑とともに、俳諧の連歌からの独立に影響を与えた。著「守武千句」「世中百首(伊勢論語)」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木田守武
あらきだもりたけ

[生]文明5(1473).伊勢
[没]天文18(1549).8.8. 伊勢
室町時代後期の連歌作者,俳人。伊勢内宮の神官を世襲する荒木田七家の一家,薗田氏経の子。 69歳で一禰宜 (ねぎ) 。薗田長官と呼ばれた。宇治山田は京都の文学者と交渉が密で,文学の盛んな地であったが彼はその中心作者。宗祇,宗長らに連歌を学び,『新撰菟玖波集 (つくばしゅう) 』に入集,『宗長追善千句』『秋津洲千句』などがある。「俳諧之連歌」に心を寄せ,享禄3 (1530) 年『俳諧独吟百韻』,天文9 (40) 年独吟の『守武千句』 (『飛梅千句』) をつくり,山崎宗鑑と並んで俳諧の祖と呼ばれた。和歌も『法楽和歌千首』 (46) などをつくったが,特に『世中百首』 (25) は世人を教諭する教訓歌で『伊勢論語』とも呼ばれ有名。若年の頃書いた『守武随筆』は小冊子ながら笑話を集めた注目すべきもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木田守武
あらきだもりたけ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荒木田守武の言及

【守武千句】より

…俳諧集。荒木田守武著。1冊。…

※「荒木田守武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒木田守武の関連キーワード俳諧・誹諧荒木田守晨猪苗代兼載荒木田氏経俳諧の連歌万載狂歌集俳諧三神杉木望一貞門俳諧俳諧文庫浦田長次浄瑠璃伊勢派連歌師犬子集守武流神職三聖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android