三国玲子(読み)みくに れいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三国玲子 みくに-れいこ

1924-1987 昭和時代後期の歌人。
大正13年3月31日生まれ。三国慶一の長女。アララギ派の鹿児島寿蔵(じゅぞう)に師事し,「潮汐(ちょうせき)」に参加。昭和29年第1歌集「空を指す枝」で注目される。54年「永久にあれこそ」で短歌研究賞,62年「鏡壁」で現代短歌女流賞をうけた。昭和62年8月5日自殺。63歳。東京出身。川村女学院卒。
格言など】何時までか若くあるべき雪明りに目覚めし夜半の胸うづくかな(「を指す」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android