三国玲子(読み)みくに れいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三国玲子 みくに-れいこ

1924-1987 昭和時代後期の歌人。
大正13年3月31日生まれ。三国慶一の長女。アララギ派の鹿児島寿蔵(じゅぞう)に師事し,「潮汐(ちょうせき)」に参加。昭和29年第1歌集「空を指す枝」で注目される。54年「永久にあれこそ」で短歌研究賞,62年「鏡壁」で現代短歌女流賞をうけた。昭和62年8月5日自殺。63歳。東京出身。川村女学院卒。
【格言など】何時までか若くあるべき雪明りに目覚めし夜半の胸うづくかな(「空を指す枝」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android