コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島寿蔵 かごしま じゅぞう

4件 の用語解説(鹿児島寿蔵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鹿児島寿蔵

紙塑人形作家・歌人。福岡県生。博多人形師有岡米次郎に師事。紙塑人形を独創し、日本紙塑芸術研究所を開き、人形美術団体甲戌会を結成。またアララギ派の歌人としても知られ、島木赤彦土屋文明に師事、歌誌「潮汐」を創刊、歌集に『魚鱗』『故郷の灯』等。人間国宝。昭和57年(1982)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿児島寿蔵 かごしま-じゅぞう

1898-1982 昭和時代の人形作家,歌人。
明治31年12月10日生まれ。テラコッタ(素焼き)人形をつくっていたが,昭和7年紙塑(しそ)人形を創造し,9年人形美術団体甲戌(こうじゅつ)会を組織。11年帝展に「黄葉(もみじば)」が入選。以降,新文展などに出品。36年紙塑人形で人間国宝。またアララギ派の歌人として活躍,20年歌誌「潮汐」を創刊した。昭和57年8月22日死去。83歳。福岡県出身。歌集に「故郷の灯」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かごしまじゅぞう【鹿児島寿蔵】

1898~1982) 歌人・人形作家。福岡生まれ。アララギ派の歌人で紙塑人形の創始者。歌集「茉莉花」「故郷の灯」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿児島寿蔵
かごしまじゅぞう
(1898―1982)

歌人、紙塑(しそ)人形の創始者。福岡市生まれ。少年時代より作歌し、1920年(大正9)『アララギ』に入り島木赤彦に師事。赤彦没後は土屋文明の指導を受けた。写生手法による堅実にして清新な詠風は、『アララギ』のみならず歌壇の注目するところとなり、41年(昭和16)には歌集『潮汐(ちょうせき)』『新冬』を刊行、その地位を確立した。その後『茉莉花(まつりか)』(1948)、『故郷の灯』(1968)など20冊近くの歌集があり、老境に向かうにつれて、身辺、肉親を歌い円熟を極めた境地に達した。宮中歌会始選者を10回務めた。[宮地伸一]
 人形製作者としては、最初テラコッタ(素焼の人形)をつくっていたが、1930年(昭和5)和紙原料のコウゾなどを用いた紙塑人形の製作を開始。36年、帝展(後の日展)工芸部門第1回展に紙塑人形「黄葉」が入選、以後毎年出品し、紙塑人形を芸術作品の位置にまで高めた。明るく柔らかな感触と、洗練された色彩、形態に優れたものがあり、61年(昭和36)に重要無形文化財保持者の認定を受けた。歌と人形作り相互の芸境に生きる作家として、特異な存在であった。[斎藤良輔]
 両眼の盲(めし)ひし母の膝(ひざ)におく其(そ)の手のかたちいふべくもなし
『穂積諭吉著『紙塑芸術と短歌』(1951・清新書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島寿蔵の関連キーワード平田郷陽(2代)与勇輝大林蘇乃金林真多呂野口光彦芳賀佐五郎平中歳子堀柳女宮内フサ四谷シモン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone