蓮歩(読み)れんぽ

精選版 日本国語大辞典「蓮歩」の解説

れん‐ぽ【蓮歩】

〘名〙 (中国、南東昏侯が、潘妃に金で作った蓮(はす)の花の上を歩かせたという「南史‐斉東昏侯紀」の故事から) 美人のあでやかな歩み。金蓮歩
※性霊集‐六(835頃)東太上為故中務卿親王造刻檀像願文「金翅於空々、攀蓮歩於如々」
読本・忠臣水滸伝(1799‐1801)後「柳腰たよたよとして、蓮歩(レンポ)かろくはこび」 〔孔平仲‐観舞詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓮歩」の解説

れん‐ぽ【×蓮歩】

《中国で、斉の東昏侯(とうこんこう)が潘妃(はんひ)に金製のハスの花の上を歩かせたという「南史」斉東昏侯紀の故事から》美人のあでやかな歩み。金蓮歩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android