三塚博(読み)みつづか ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三塚博 みつづか-ひろし

1927-2004 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和2年8月1日生まれ。衆議院議員本間俊一の秘書,宮城県議をへて,昭和47年衆議院議員(当選10回,自民党)。60年中曾根内閣の運輸相国鉄の分割・民営化の実現に尽力通産相,外相をつとめ,平成3年安倍派を継承,三塚派をひきいる。のち幹事長をへて8年第2次橋本内閣の蔵相。10年森喜朗に派閥をゆずる。平成16年4月25日死去。76歳。宮城県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三塚博の関連情報