コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三塚博 みつづか ひろし

1件 の用語解説(三塚博の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三塚博 みつづか-ひろし

1927-2004 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和2年8月1日生まれ。衆議院議員本間俊一の秘書,宮城県議をへて,昭和47年衆議院議員(当選10回,自民党)。60年中曾根内閣の運輸相。国鉄の分割・民営化の実現に尽力。通産相,外相をつとめ,平成3年安倍派を継承,三塚派をひきいる。のち幹事長をへて8年第2次橋本内閣の蔵相。10年森喜朗に派閥をゆずる。平成16年4月25日死去。76歳。宮城県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三塚博の関連キーワードICタグ日活(株)海洋文学記録文学銀行法TORICO井上由美子ミサイルマン尿素SCRシステム(FLENDS)みまもりくんオンラインサービス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三塚博の関連情報