森喜朗(読み)もりよしろう

  • 1937―
  • もりよしろう〔よしラウ〕
  • 森喜朗 もり-よしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1937.7.14. 石川
政治家。父は根上町町長に9期連続無競争当選した森茂喜。早稲田大学商学部を卒業後,産経新聞社を経て 1969年衆議院選挙に 32歳で当選する。以来当選 10回。 77年福田改造内閣の官房副長官,83年第2次中曽根内閣の文相として初入閣を果す。 88年のリクルート事件でリクルートコスモス社からの未公開株譲渡が発覚,一時役職から退いたが,92年宮沢内閣の通産相,95年同改造内閣の建設相をつとめ,自民党内では 93年に党幹事長,第2次橋本内閣の総務会長,98年発足した小渕内閣では再び党幹事長をつとめる。 2000年4月に小渕首相が倒れた際,後継として総理大臣就任し,同年6月の衆議院選挙を経て,公明党保守党と組み,第2次連立内閣を発足させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1937~ ]政治家。石川の生まれ。昭和44年(1969)衆議院議員に初当選。文相・通産相・建設相などを歴任。平成12年(2000)小渕首相の急病により、全閣僚を留任させて後継首相に就任。問題発言などが相次ぎ、翌年、支持率急落を受けて辞任。→小泉純一郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

政治家。石川県出身。早稲田大学商学部卒業。日本工業新聞記者をへて,1969年自由民主党から出馬し衆議院議員に初当選。1977年内閣官房副長官,1983年第2次中曾根康弘内閣で文相,1991年自民党政調会長,1993年自民党幹事長などを歴任。自民党三塚派の禅譲により1998年森派を形成,党幹事長在任中に小渕恵三首相の入院・退陣に伴い,2000年4月党総裁に無競争で選出され森喜朗内閣が発足,総選挙後の同年7月第2次森内閣を組織したが,2001年総辞職。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1937- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和12年7月14日生まれ。9期連続無投票当選した石川県根上町(現・能美市)町長の森茂喜の長男。「産経新聞」記者などをへて昭和44年衆議院議員に初当選(当選14回,自民党)。福田派に属し,安倍晋太郎(しんたろう)の片腕となる。第2次中曾根内閣の文相をはじめ,通産相,建設相を歴任。また党の幹事長(3回),政調会長,総務会長をつとめる。平成10年三塚派をついで森派をひきい,12年小渕恵三首相の病死により党総裁,首相に就任,森連立内閣を発足させた。同年第2次森連立内閣を組閣。24年引退。26年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治家。石川県生まれ。1960年(昭和35)早稲田(わせだ)大学卒業。大学ではラグビーをしていたが、胃潰瘍(いかいよう)で断念、のち雄弁会に所属した。小渕恵三(おぶちけいぞう)の2年先輩にあたる。卒業後、新聞記者、衆議院議員秘書を経て、1969年の総選挙で旧石川1区から初当選。自由民主党に所属。父の茂喜(しげき)は石川県根上(ねあがり)町(現能美(のみ)市)の町長を9期連続無投票当選している。1983年第二次中曽根康弘(なかそねやすひろ)内閣で文部大臣として初入閣を果たし、以後、通産大臣、建設大臣を歴任した。1998年(平成10)に発足した小渕内閣時は、自民党幹事長として公明党、自由党との連立維持に力を注いだ。2000年(平成12)4月、首相の小渕恵三が脳梗塞(のうこうそく)で倒れたため、後継総裁に指名され、第85代内閣総理大臣になった。現職首相の急病による交替のため、森内閣は小渕内閣をそっくり継承する形で発足した。また首相就任後に「日本は天皇を中心とした神の国」と発言し、物議をかもした。2001年4月、内閣支持率の急激な低下により辞任した。

[編集部]

『五百旗頭真・伊藤元重・薬師寺克行著『森喜朗――自民党と政権交代』(2007・朝日新聞出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森喜朗の関連情報