コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大名作 さんだいめいさく/3だいめいさく

知恵蔵の解説

三大名作

歌舞伎の仮名手本忠臣蔵義経千本桜菅原伝授手習鑑を言う。原作の人形浄瑠璃は「菅原」が1746年、「千本桜」が47年、「忠臣蔵」が48年と、3年連続して上演された。作者は3本とも竹田出雲、三好松洛、並木千柳(宗輔)の合作形式をとり、腕を競った。「菅原」だけには、竹田小出雲も加わった。全11段の「忠臣蔵」には判官勘平、由良之助の死があり、全5段の「菅原」には丞相と苅屋姫、白太夫と桜丸松王小太郎という3組の親子の別れが、「千本桜」でも義経と静、狐親子、権太と両親の別れが、書き込まれているのが特徴。

(山本健一 演劇評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android