白太夫(読み)しらだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白太夫 しらだゆう

浄瑠璃(じょうるり)「菅原伝授手習鑑(てならいかがみ)」の登場人物。
松王丸,梅王丸,桜丸の父。菅丞相(かんしょうじょう)(菅原道真(みちざね))につかえ,死後もその霊を守護した忠義心のあつい農民。北野や太宰府(だざいふ)の天満宮にまつられる。別に白太夫は伊勢神宮の神職度会(わたらい)春彦のことで,道真の死をみとったという伝承もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白太夫の言及

【百太夫】より

…平安末期以降,漂泊の遊女および傀儡(くぐつ)(人形まわし)らの集団が,共同体の守護神として尊崇した神の名。百神,白太夫(はくだゆう)というのも同じ神と思われる。百太夫は地位の低い小祠の神で,道祖神の一名ともいわれる。…

※「白太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android