コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅幾三郎 みやけ いくさぶろう

1件 の用語解説(三宅幾三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅幾三郎 みやけ-いくさぶろう

1897-1941 大正-昭和時代前期の小説家,翻訳家。
明治30年10月15日生まれ。大正9年東京帝大在学中に十一谷(じゅういちや)義三郎らと同人誌「行路」を創刊。「音楽会」で新感覚派の作家としてみとめられる。のち英文学の翻訳に専念し,訳書にサッカレー虚栄の市」,E.ブロンテ「嵐ケ丘」などがある。昭和16年5月1日死去。45歳。兵庫県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三宅幾三郎の関連キーワード玉城末一湯本求真小野重行川添ゆき子古賀愛子諏訪兼紀玉井是博内藤三郎平川清蔵広岡宇一郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone