三宅幾三郎(読み)みやけ いくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅幾三郎 みやけ-いくさぶろう

1897-1941 大正-昭和時代前期の小説家,翻訳家。
明治30年10月15日生まれ。大正9年東京帝大在学中に十一谷(じゅういちや)義三郎らと同人誌「行路」を創刊。「音楽会」で新感覚派の作家としてみとめられる。のち英文学の翻訳に専念し,訳書サッカレー虚栄の市」,E.ブロンテ「嵐ケ丘」などがある。昭和16年5月1日死去。45歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android