コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅康直(読み)みやけ やすなお

美術人名辞典の解説

三宅康直

三河田原藩主。通称土佐守。子爵康寧の祖父、姫路城主酒井忠実の子、康明の養嗣子。江戸生。明治26年(1893)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅康直 みやけ-やすなお

1811-1893 江戸時代後期の大名。
文化8年7月24日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井忠実(ただみつ)の6男。三宅康明(やすてる)の養子となり,文政11年三河(愛知県)田原藩主三宅家11代。渡辺崋山(かざん)を家老に起用,天保(てんぽう)の飢饉(ききん)では報民倉(ほうみんそう)をひらき領民をすくう。天保13年藩士村上範致(のりむね)に命じて洋式大砲と火薬の製造を開始。嘉永(かえい)3年軍制を西洋式にかえた。明治26年8月9日死去。83歳。号は王春,巴翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android