コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宝印 さんぼういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宝印
さんぼういん

仏,三宝加護を受けようとする祈祷の意を表わすために,,法,僧,宝の4字を刻した印のこと。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぼう‐いん【三宝印】

禅宗で、「仏法僧宝」の4字を篆書(てんしょ)・隷書(れいしょ)・梵字(ぼんじ)などの字体で刻んだ印。祈祷(きとう)の札や護符などに押す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼういん【三宝印】

禅宗で、「仏法僧宝」の四字を刻んだ印。寺院で、祈禱札きとうふだなどに押す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三宝印の関連キーワード寺院禅宗納経

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android