コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三幡 さんまん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三幡 さんまん

1186-1199 鎌倉時代,源頼朝の次女。
文治(ぶんじ)2年生まれ。母は北条政子(まさこ)。大姫の妹で,乙姫ともいう。病が悪化したため京都の鍼博士丹波時長をまねき治療をうけたが,正治(しょうじ)元年6月30日死去。14歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三幡

没年:正治1.6.30(1199.7.24)
生年:文治2(1186)
源頼朝と北条政子の次女。妹姫の意味で乙姫ともいう。頼朝は当初,姉の大姫の入内を願ったが,大姫の死後は三幡に期待をつなぎ,2代鎌倉殿頼家もこれを継承した。「女御宣旨」を受けたと伝えられるものの入内実現以前に夭逝した。

(杉橋隆夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三幡の関連キーワード玉野(市)中原親能鎌倉時代源頼家没年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android