三幡(読み)さんまん

朝日日本歴史人物事典の解説

三幡

没年:正治1.6.30(1199.7.24)
生年:文治2(1186)
源頼朝と北条政子の次女。妹姫の意味で乙姫ともいう。頼朝は当初,姉の大姫の入内を願ったが,大姫の死後は三幡に期待をつなぎ,2代鎌倉殿頼家もこれを継承した。「女御宣旨」を受けたと伝えられるものの入内実現以前に夭逝した。

(杉橋隆夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android