コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方ヶ原 ミカタガハラ

デジタル大辞泉の解説

みかた‐が‐はら【三方ヶ原】

静岡県西部、浜名湖東岸に広がる洪積台地天竜川の扇状地性平野が隆起運動によってできた。水源に乏しい地であったが、明治維新後、旧幕臣が入植して茶園開拓した。現在は、天竜川に水源をもつ秋葉ダムからの三方原用水を利用したミカンや野菜の栽培が盛ん。元亀3年(1572)、武田信玄軍と徳川家康軍が戦った古戦場として有名。東方の磐田原(いわたはら)台地と対する。三方原

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みかたがはら【三方ヶ原】

〔「みかたはら」とも〕 静岡県、浜名湖東方にひろがる洪積台地。明治以降、茶園として開拓。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三方ヶ原の関連キーワード三方ケ原の戦い・三方ヶ原の戦い安土桃山時代(年表)三方ヶ原の戦い磐田原台地三方原台地大久保忠隣佐久間信盛服部半蔵石川数正酒井忠次鳥居元忠二俣城浜松城静岡県磐田原野田城樽屋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android