コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方原 ミカタハラ

百科事典マイペディアの解説

三方原【みかたはら】

〈みかたがはら〉とも。静岡県南西部,浜松市街北西に広がる洪積台地。標高30〜90mで南西に緩傾斜。砂礫(されき)層とその上のローム層からなる。地味がやせ,地下水面が深いので開発はおくれたが,明治初年に士族が入植,茶園が開かれた。
→関連項目金原明善静岡[県]浜松[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みかたはら【三方原】

静岡県西部にある洪積台地。〈みかたがはら〉ともいう。浜松市を中心に浜北市,引佐郡細江町にわたり,東西約10km,南北約15kmの規模をもつ。標高は北部で約120m,南部の浜松市街地付近は約30mと低下する。北部は都田(みやこだ)川低地,東部は天竜川下流平野,南部は遠州灘海岸平野,西部は浜名湖に面する。台地面は古天竜川の堆積した砂礫層が覆い,天竜川をはさんで東方の磐田原台地と同時代の形成と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕三方原(みかたはら)


静岡県南西部、浜松(はままつ)市街地の北方に広がる洪積台地。三方原台地、「みかたがはら」、三方ヶ原(みかたがはら)とも。天竜(てんりゅう)川の隆起扇状地で、北から南に緩やかに傾斜する。砂礫(されき)層からなり、第二次大戦後に引かれた三方原用水が台地を貫流し、茶・ミカン栽培や工業用水などに利用される。航空自衛隊浜松基地がある。歴史的には戦国期の徳川家康(いえやす)と武田信玄(しんげん)の三方ヶ原の戦いの古戦場として知られる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三方原
みかたはら

静岡県西部、浜松市の中心市街地の北西方に広がる洪積台地。古くは曳馬野(ひくまの)とよばれた。東は天竜川の沖積地、北は都田(みやこだ)川の河谷、西は浜名湖に接し、南は直線的な崖(がけ)で海岸低地に面する。かつての天竜川の扇状地性平野が隆起運動によって形成された台地で、砂礫(されき)層が覆う。北部で110メートル、南端で30メートルの標高をもち、平坦(へいたん)面は広く、周辺は丘陵性地形である。台地面はやせた土地で江戸時代入会(いりあい)採草地であったが、1869年(明治2)徳川家旧臣の士族授産による茶園の開墾が始まり、百里園はその中心であった。昭和初期、軍の演習場になったが、第二次世界大戦後は開拓が行われ、畑地、樹園地が開かれた。天竜川に水源をもつ三方原用水の導水は耕地化を進めたが、都市的土地利用も拡大した。航空自衛隊浜松基地もある。1572年(元亀3)徳川家康と武田信玄(しんげん)の三方ヶ原の戦いは名高く、古戦場犀ヶ崖(さいががけ)が残る。また千人塚古墳をはじめ三方原古墳群が台地東縁に分布する。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三方原の言及

【三方原】より

…軍用地の大部分は第2次大戦後開拓地となり,樹園地が拡大したが,一部は航空自衛隊浜松基地に使用されている。天竜川中流の秋葉ダムを水源とする三方原用水は国営事業により1970年に完成し,台地面への農業用灌漑のほか生活用水,工業用水として供給されている。1572年(元亀3)の武田信玄と徳川家康の三方原の戦は有名。…

※「三方原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三方原の関連キーワード松平家忠(1)聖隷福祉事業団植村泰忠(1)大河内善兵衛三方原馬鈴薯大久保忠世大河内政綱三方原の戦池野浪之助三方原台地浜松[市]磐田原台地加藤弥三郎松平康安松平伊忠中根正照設楽貞道鳥居忠広夏目吉信松平景忠

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三方原の関連情報