コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三晋 さんしんSan-jin; San-chin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三晋
さんしん
San-jin; San-chin

中国,戦国の七雄 (しちゆう) 中の韓,魏,趙の3国をいう。晋の哀公5 (前 453) 年,晋の大夫であった韓,魏,趙3家が執政荀瑤 (知伯) を滅ぼして自立し,烈侯 17 (前 403) 年諸侯として承認されたので,以後この3国を三晋と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐しん【三晋】

中国、春秋時代の末、晋の三卿、すなわち魏斯(ぎし)(文侯)・趙籍(ちょうせき)(烈侯)・韓虔(かんけん)(景侯)がそれぞれ建てた魏・趙・韓の三国。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしん【三晋】

中国、春秋時代の末、晋に仕えた三卿がそれぞれ建てた魏・趙ちよう・韓の三国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三晋の言及

【山西[省]】より


[歴史]
 本省の南部,汾河の下流域は旧石器時代にさかのぼり,中国最古の文化が発達したところのひとつであり,夏王朝の都は安邑(あんゆう)(現,夏県)にあったと伝えられる。周の初めにこの地方から起こった晋は全省を平定し,春秋時代には全盛期を迎えたが,戦国時代になると韓・魏・趙の3国(三晋という)に分かれた。秦が天下を統一したとき,南西部を河東郡,南東部を上党郡,中央部を太原郡とし,漢代ではそのほかに北辺部に西から雲中,定襄,雁門,代の4郡を設けた。…

※「三晋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報