七雄(読み)しちゆう(英語表記)Qi-xiong; Ch`i-hsiung

  • 七雄 Qī xióng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国の戦国時代に活躍した7諸侯国。をさし,漢代から戦国の七雄と呼称された。戦国初期には魏が強く,続いて稷下 (しょっか) ので有名な威王・宣王時代の斉が強く,後期商鞅 (しょうおう) を用いた孝公からの秦が強大になり,ついに他の6国を併合した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,戦国時代の7強国のことで戦国の七雄といい,秦,楚,斉,燕,韓,魏,趙を指す。中原の大国晋がけい)(重臣)によって韓,魏,趙の3国に分割された紀元前5世紀後半になると,東方では権臣田氏が実権を握る斉,北方には旧大国の燕,西方には発展途上の秦,南方には広大な領土を誇る楚の7ヵ国が成立し終わり,世は戦国時代に入る。これら七雄の中でまず大きな発展をとげたのは中原の文明国の魏であり,ついで東方の経済大国の斉であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 中国、戦国時代の七強国。すなわち、秦・楚・燕・斉・趙・魏・韓のこと。〔延宝八年合類節用集(1680)〕 〔班固‐答賓戯設難〕
[二] 日本の戦国時代における七諸侯。すなわち、織田信長・毛利元就・今川義元・武田信玄・上杉謙信・北条氏康・豊臣秀吉のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android