三月三十一日事件(読み)さんがつさんじゅういちにちじけん(英語表記)3. 31. Vakası

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三月三十一日事件」の解説

三月三十一日事件
さんがつさんじゅういちにちじけん
3. 31. Vakası

1909年4月 (ルーミー暦3月 31日) ,イスタンブール青年トルコ革命後の政治的混乱のなかで,政権奪還をもくろむ守旧派官僚,士官学校出の青年将校に対し反感をもつ兵卒上がりの下士官世俗主義的改革に反対するイスラム主義者たちが引起した反乱。反乱軍は数日間,イスタンブールを占領したが,シェウケト・パシャによる「行動隊」によって鎮圧された。その結果スルタン,アブドゥル・ハミト2世は反乱との関係を問われて廃位され,メフメット5世が推挙された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android