コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木行治 みき ゆきはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木行治 みき-ゆきはる

1903-1964 昭和時代の官僚,政治家。
明治36年5月1日生まれ。厚生省公衆衛生局長をへて,昭和26年革新系から岡山県知事に当選(4期)。水島臨海工業地帯に企業を誘致し,工業立県化を推進した。医療行政,福祉政策もすすめ,マグサイサイ賞を受賞。昭和39年9月21日死去。61歳。岡山県出身。九州帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三木行治の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三木行治の関連情報