三条公教(読み)さんじょう きんのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条公教 さんじょう-きんのり

1103-1160 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
康和5年生まれ。三条実行(さねゆき)の長男。母は藤原顕季(あきすえ)の娘。長承2年参議。正二位にすすみ,保元(ほうげん)2年内大臣。三条内府と称される。保元の荘園整理令では記録所の長となった。永暦(えいりゃく)元年7月9日死去。58歳。日記に「公教公記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android