コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条藩 さんじょうはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三条藩
さんじょうはん

江戸時代初期,越後国 (新潟県) 蒲原郡三条地方を領有した藩。堀直政の5万石に始り,松平 (能見) 氏2万石,市橋氏4万 1300石,稲垣氏2万 3000石と続き,稲垣氏が慶安4 (1651) 年に三河刈谷に転出後は同国村上藩領となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三条藩
さんじょうはん

越後(えちご)国三条(新潟県三条市)に居を定めた藩。最初、三条には独立した藩はなく、1598年(慶長3)より1610年(慶長15)までは、越後国春日山(かすがやま)城主堀氏の重臣堀直政(なおまさ)(5万石)とその嫡子直次が在城、その後1616年(元和2)までは、徳川家康の六男松平忠輝(ただてる)(越後国福島城主、のち高田城主)の付家老(つけがろう)松平(能見(のみ))重勝(2万石)が在城した。初めて独立した藩が置かれたのは市橋長勝(いちはしながかつ)のときで、1616年忠輝が改易となると、伯耆(ほうき)国(鳥取県)矢橋(やばせ)より移封されて4万1300石を領した。ついで1620年長勝病死後、越後国藤井より稲垣重綱が入って2万3000石を領した。しかしながらいずれも短期間で、1623年重綱の大坂定番転出とともに廃藩となった。[松永克男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三条藩の関連キーワード仁正寺藩市橋長勝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android