コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条西公時 さんじょうにし きんとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条西公時 さんじょうにし-きんとき

1339-1383 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
暦応(りゃくおう)2=延元4年生まれ。正親町三条実継(おおぎまちさんじょう-さねつぐ)の次男。三条西家の祖。参議をへて,永徳3=弘和(こうわ)3年権(ごんの)大納言となった。従二位。正親町三条家からわかれ,三条北の西朱雀(すざく)にすんだことから三条西と称した。永徳3=弘和3年3月11日死去。45歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の三条西公時の言及

【三条西家】より

…藤原氏北家閑院流三条家の庶流正親町(おおぎまち)三条家の内大臣実継の男公時を始祖とする堂上公家。家格は大臣家。三条西とも西三条とも称した。第4代実隆は和歌をよくして宗祇より古今伝授を受け,古典の学問,有職故実に明らかで多くの著述があり,廷臣のみならず,戦国大名にも教えを請うものも多く,当代の師範と仰がれた。その男公条,孫実枝も父祖の業を伝え,江戸時代には家禄500石を給された。実枝の孫実条の男公種が武者小路家を,孫公音が押小路家を起こした。…

※「三条西公時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三条西公時の関連キーワード藤原光益アビス朝足利義満後亀山天皇後亀山天皇室町時代(年表)後醍醐天皇後醍醐天皇神皇正統記2025年問題

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android