コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条西家 さんじょうにしけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三条西家
さんじょうにしけ

藤原氏北家。大臣家の一つ。南北朝時代後期の内大臣正親町三条実継の子公時がその祖。戦国時代の内大臣実隆が学者,歌人として有名。香道においても名高い。明治にいたって伯爵。 (→三条西実隆 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんじょうにしけ【三条西家】

藤原氏北家閑院流三条家の庶流正親町(おおぎまち)三条家の内大臣実継の男公時を始祖とする堂上公家。家格は大臣家。三条西とも西三条とも称した。第4代実隆は和歌をよくして宗祇より古今伝授を受け,古典の学問,有職故実に明らかで多くの著述があり,廷臣のみならず,戦国大名にも教えを請うものも多く,当代の師範と仰がれた。その男公条,孫実枝も父祖の業を伝え,江戸時代には家禄500石を給された。実枝の孫実条の男公種が武者小路家を,孫公音が押小路家を起こした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三条西家
さんじょうにしけ

藤原氏北家のうち、三条家の庶流正親町三条(おおぎまちさんじょう)家の分家。室町時代前期内大臣正親町実継(さねつぐ)の子公時(きんとき)に始まる。屋敷があった地名三条北の西朱雀(にしすざく)が家名となった。家格は大臣家。公時以下歴代大納言であったが、公保(きんやす)・実隆(さねたか)・実枝は内大臣、実隆の子公条は右大臣となった。室町時代から安土桃山時代の実隆・公条・実枝は古典学者・歌人として名高く、古今伝授を継承した。なかでも実隆は中世文化・文学を代表する人物で、日記『実隆公記』は一流史料としても著名である。江戸時代の公福(きんとみ)・実称(さねよし)・季知も歌人として活躍。季知はまた幕末の攘夷派の七卿落(しちきょうおち)の1人。明治期に伯爵となる。和歌のほか香道も家業とする。江戸時代前期に分家した武者小路(むしゃのこうじ)家・押小路家にも優れた歌人が輩出した。[鶴崎裕雄]
『芳賀幸四郎著『三条西実隆』(1987・吉川弘文館) ▽鶴崎裕雄著『戦国の権力と寄合の文芸』(1988・和泉書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三条西家の言及

【青苧座】より

…中世後期,繊維原料である青苧(カラムシ)の特権的な取引を行っていた商人座。青苧特産地であった越後国の府中,近江国の中継港坂本,青苧取引市場の京都や天王寺等の各地に成立し,三条西家を本所としていた。三条西家が青苧諸座の本所となったのは,14世紀末に正親町(おおぎまち)三条家が知行していた苧(からむし)課役徴収権を継承したことに由来するものであろう。…

※「三条西家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三条西家の関連キーワード武者小路公種三条西 公正下河辺長流三条西公時猪苗代長珊実躬卿記実隆公記鍋島光茂谷森善臣右京大夫岷江入楚栄花物語細流抄師範家二尊院谷宗牧青苧座堂上派七卿落

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三条西家の関連情報