コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枡大五郎(4代) みます・だいごろう

1件 の用語解説(三枡大五郎(4代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

三枡大五郎(4代)

没年:安政6.5.13(1859.6.13)
生年:寛政10(1798)
幕末期の歌舞伎役者。俳名梅升,屋号京枡屋。3代目大五郎三枡大五郎(3代)の子。初め由亀を名乗り10歳で大坂道頓堀豊竹若太夫芝居の座本を勤め,子供芝居を経て文政3(1820)年14歳の冬他人と改名,京の大芝居で修業を積んだ。23歳で中村源之助と改名して江戸に下り「東下りの業平さま」と好評を得,姓を三枡に戻して江戸の芝居を18年間勤めた。帰坂後,白大上上吉と位も上がり,弘化3(1846)年,大五郎を襲名。男ぶりよく大柄で,演技もこせつかず,2代目嵐吉三郎に面影が似て人品のよい役に向き,父が中芝居役者だったのに対し,幕末期の最も大歌舞伎らしい立役だった。なお5代は門弟の梅舎が継いだが明治6(1873)年に没し,この名跡は途絶えた。

(青木繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三枡大五郎(4代)の関連キーワード大谷広次(五世)歌舞伎者歌舞伎役者嵐三五郎(5代)霧波滝江谷村楯八(3代)段助三保木儀左衛門(2代)三桝大五郎(5代)山下金作(5代)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone