コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三段構え さんだんがまえ

5件 の用語解説(三段構えの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

三段構え

文章を序論、本論、結論の順に組み立てること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんだん‐がまえ〔‐がまへ〕【三段構え】

支障の起こった場合を想定して、三段階の対策をたてて備えること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんだんがまえ【三段構え】

支障の起こった場合を考えて、前もって三つの段階の対策を立てておくこと。あらゆる場面に対応できるように準備すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

三段構え

相撲の基本体とされる構えのこと、またこれを用い演じられる相撲の伝統儀式のこと。上段(気迫)、中段(攻撃)、下段(防御)の三つの型からなる。儀式としては最も角界の習わしを重んじたものと位置付けられる。土俵開きなど特別な催しの際にのみ実施され、最高位(通常は東西の横綱あるいは大関)の2人の力士が、土俵上で横に並んで行う。2016年10月4日、国技館では1995年2月に曙と貴乃花が演じて以来の三段構えを、国際交流イベント大相撲beyond2020場所」の中で日馬富士と鶴竜の両横綱が行った。

(2016-10-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三段構え
さんだんがまえ

相撲の基本体とされる上中下の三段の構えをいう。上段は確固不動,自然の姿勢,中段は攻めの姿勢,下段は防衛,鉄壁,相手の攻めをはね返す姿勢とされている。儀式のときなど,東西の横綱,あるいは大関が向かい合って演じる例になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三段構えの関連キーワード三段目初っ切り相撲の使下段の構えすり足上段の構え地の構え八相の構え天の構え火の構え

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三段構えの関連情報