コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三段構え さんだんがまえ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

三段構え

文章を序論本論結論の順に組み立てること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんだん‐がまえ〔‐がまへ〕【三段構え】

支障の起こった場合を想定して、三段階対策をたてて備えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんだんがまえ【三段構え】

支障の起こった場合を考えて、前もって三つの段階の対策を立てておくこと。あらゆる場面に対応できるように準備すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

三段構え

相撲の基本体とされる構えのこと、またこれを用い演じられる相撲の伝統儀式のこと。上段(気迫)、中段(攻撃)、下段(防御)の三つの型からなる。儀式としては最も角界習わしを重んじたものと位置付けられる。土俵開きなど特別な催しの際にのみ実施され、最高位(通常は東西の横綱あるいは大関)の2人の力士が、土俵上で横に並んで行う。2016年10月4日、国技館では1995年2月に曙と貴乃花が演じて以来の三段構えを、国際交流イベント「大相撲beyond2020場所」の中で日馬富士と鶴竜の両横綱が行った。

(2016-10-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三段構え
さんだんがまえ

相撲の基本体とされる上中下の三段の構えをいう。上段は確固不動,自然の姿勢,中段は攻めの姿勢,下段は防衛,鉄壁,相手の攻めをはね返す姿勢とされている。儀式のときなど,東西の横綱,あるいは大関が向かい合って演じる例になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三段構えの関連キーワード手数入りコーロア文章支障

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三段構えの関連情報