コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波川 さんばがわ

2件 の用語解説(三波川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三波川
さんばがわ

群馬県南部の東御荷鉾山 (→御荷鉾山 ) に源を発し,藤岡市の南域を東流して神流川に合流する川。全長約 9km。流域には結晶片岩類が分布し,三波川系の地層名の由来となる (→三波川変成帯 ) 。三波川系緑色結晶片岩に石英の無数の白線の入った岩石は三波石と呼ばれ,下久保ダムの下流の三波石峡を中心に分布し,庭石として珍重される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんばがわ【三波川】

群馬県南西部を北東流する神流かんな川の支流。三波石や地質学用語の三波川結晶片岩・三波川変成帯の語を生んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三波川の関連キーワード御荷鉾山御荷物矛山車・鉾山車手造りとうせん當選万場[町]御荷鉾緑色岩類群馬県多野郡神流町群馬県佐波郡御荷鉾構造線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三波川の関連情報