コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波川変成帯 さんばがわへんせいたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三波川変成帯
さんばがわへんせいたい

関東山地から九州まで,中央構造線のすぐ南側に帯状に延びる,低温高圧型の広域変成作用を受けた結晶片岩を多く産する地帯。南側は御荷鉾構造線に接する。 (→三波川変成岩 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんばがわ‐へんせいたい〔サンバがは‐〕【三波川変成帯】

関東山地にはじまり、中央構造線の南側を天竜川流域・紀伊半島・四国を経て九州に至る、結晶片岩からなる地帯。1億~8000万年前の造山運動によって形成したといわれ、群馬県南部の三波川流域にみられるものが典型的。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんばがわへんせいたい【三波川変成帯】

関東山地にはじまり,中央構造線の外側に接して,中部地方天竜川地域から紀伊半島,四国を経て九州佐賀関半島まで,最大幅30kmで延長800km以上にわたり三波川結晶片岩(関東山地北部の三波川流域が模式地)が分布する地域をいう。黒色片岩(泥岩,砂岩に由来)や緑色片岩(玄武岩質凝灰岩に由来)等がみられ,ランセン石,ヒスイ輝石等が出現し,高圧の広域変成作用で形成された。この変成帯は,古くは小藤文次郎(1888)により太古代とされたが,最近,三畳紀を示すコノドント化石が発見され,原岩の時代は古生代後期~中生代中期と考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんばがわへんせいたい【三波川変成帯】

関東山地および西南日本外帯に分布する結晶片岩を主とする変成岩地帯。中生代白亜紀後半の造山運動によって形成されたといわれる。 〔三波川(神流かんな川の支流)流域に産する結晶片岩を三波川結晶片岩と呼んだことに由来する〕 → 三波石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三波川変成帯の関連キーワード翡翠輝石藍閃石型変成相系列西南日本外帯佐川造山運動三郡変成帯生石高原三波川帯変成鉱床外帯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android