コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦徹 みうら とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦徹 みうら-とおる

1850-1925 明治-大正時代の牧師。
嘉永(かえい)3年9月17日生まれ。明治8年受洗。東京両国・盛岡・三島教会などで牧師をつとめる。M.E.キダーをひきつぎ,児童むけに「喜(よろこび)の音(おとずれ)」を発行するなど文書伝道に尽力した。大正14年9月30日死去。76歳。駿河(するが)(静岡県)出身。東京一致神学校(現明治学院大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦徹

没年:大正14.9.30(1925)
生年:嘉永3.9.17(1850.10.22)
明治大正期のキリスト教牧師。沼津の水野藩士の家に生まれる。上京し最初はフランス式兵学,続いて英学を学ぶ。築地居留地で宣教師と知り合い,明治8(1875)年にR.Y.デヴィッドソンから受洗。伝道者になることを志し,東京一致神学校(明治学院神学部)に入学。卒業後,両国(永福町)教会の初代牧師になる。宣教師ミラー夫妻が発行した『喜の 音』の編集を担当する。同夫妻と共に盛岡伝道をする。その後は静岡教会,三島教会牧師を務める。全29巻の手記『恥か記』は日本プロテスタント史研究の貴重な資料で,『明治学院史資料集』第8~11集に収められており,工藤英一による解題がある。<参考文献>秋山繁雄『続明治人物拾遺物語』

(原島正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三浦徹の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三浦徹の関連情報