コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦折り ミウラオリ

デジタル大辞泉の解説

みうら‐おり〔‐をり〕【三浦折り】

《多く「ミウラ折り」と書く》宇宙工学者の三浦公亮(こうりょう)が考案した平面の折りたたみ方。折り目は平行四辺形が連続した形になり、一方向に引くだけで開閉ができる。携帯用の地図や人工衛星の太陽電池パネルなどに利用される。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

三浦折り【Miura fold】

三浦公亮(東京大学名誉教授)が,以前にNASAに在勤中に考案した平面の畳み方.通常のように折り線を直交させず,対称な4枚の平行四辺形を連続した形に折って作成した可展二重波形面である(図のような折り方になる).折り目の頂点に歪みが集積せず,簡単に開閉が可能であり,宇宙探査機の太陽電池パネルの折り畳みに採用されて有名となったが,最近,これとまったく同一の畳み方のシダの葉が発見されて話題となった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三浦折りの関連情報