三浦瓶山(読み)みうら へいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦瓶山 みうら-へいざん

1723-1795 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)8年生まれ。山県周南徂徠(そらい)学をまなぶ。越中富山藩主前田利与(としとも)にまねかれ,安永2年(1773)藩校広徳館の創立で学頭となった。寛政7年9月10日死去。73歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は衛興,衛貞。字(あざな)は淳夫。通称は平三郎,佐兵衛。著作に「閑窓自適」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android