コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦道斎 みうら どうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦道斎 みうら-どうさい

1778-1860 江戸時代後期の医師。
安永7年生まれ。文化14年大坂で医業をひらく。官命により,中国の古医書「素問」「難経」を堺の医学館で講義。国学,韻学,書,禅などでも名があった。万延元年6月8日死去。83歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。本姓安西。名は茂樹。著作に「韻学階梯」(近藤西涯の説を補正),「温疫論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三浦道斎の関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)市川団十郎最恵国待遇デュールコープ市川春琳スカラ座パリのパンテオンヘルダーディドロ蕪村

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android