三田村 泰助(読み)ミタムラ タイスケ

20世紀日本人名事典の解説

三田村 泰助
ミタムラ タイスケ

昭和期の東洋史学者 立命館大学名誉教授。



生年
明治42(1909)年10月9日

没年
平成1(1989)年9月23日

出身地
福井県

学歴〔年〕
京都帝国大学東洋史学科〔昭和8年〕卒,京都帝国大学大学院東洋史専攻〔昭和13年〕修了

経歴
皇学館大学助教授を経て、昭和24年から55年まで立命館大学教授。内藤湖南羽田亨に師事し、「明実録」から「明代満蒙資料明実録抄」を抄録する作業や、「満和辞典」の編纂を助けた。著書に「宦官」「清朝前史の研究」「内藤湖南」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android