コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田浄久 さんだ じょうきゅう

2件 の用語解説(三田浄久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田浄久 さんだ-じょうきゅう

1608-1688 江戸時代前期の俳人。
慶長13年生まれ。松永貞徳にまなぶ。同門の北村季吟(きぎん),安原貞室(ていしつ),談林派の井原西鶴(さいかく)らと親交があった。延宝7年「河内鑑(かわちかがみ)名所記」をあらわす。河内(大阪府)柏原で廻船業大文字屋をいとなんだ。元禄(げんろく)元年11月27日死去。81歳。安芸(あき)(広島県)出身。本姓は水野。名は浄久(きよひさ)。通称は庄左衛門,七左衛門。別号に不老軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三田浄久

没年:元禄1.11.27(1688.12.19)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の俳人。通称は七左衛門,のち庄左衛門。大坂伏見呉服町に住んだが,のちに河内国柏原へ移住。松永貞徳や安原貞室らと交流。富裕な町人で狂歌,俳諧に遊び,『河内鑑名所記』(1679)の刊行もある。大坂に住する俳人とも親しく,ことに古川定圃の前句付に助力を惜しまなかった。大坂の前句付振興に貢献した人といえる。他界の年には,8月から11月下旬まで,前川由平,井原西鶴と俳諧を興行しており,その途中で没した。<参考文献>平林治徳編『三田浄久

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田浄久の関連キーワード半井和年智月尼井上信重蔭山休安小泉七左衛門下川丹斎高沢士明樗雲林桐葉山川星府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone