コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田浄久 さんだ じょうきゅう

2件 の用語解説(三田浄久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田浄久 さんだ-じょうきゅう

1608-1688 江戸時代前期の俳人。
慶長13年生まれ。松永貞徳にまなぶ。同門の北村季吟(きぎん),安原貞室(ていしつ),談林派の井原西鶴(さいかく)らと親交があった。延宝7年「河内鑑(かわちかがみ)名所記」をあらわす。河内(大阪府)柏原で廻船業大文字屋をいとなんだ。元禄(げんろく)元年11月27日死去。81歳。安芸(あき)(広島県)出身。本姓は水野。名は浄久(きよひさ)。通称は庄左衛門,七左衛門。別号に不老軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三田浄久

没年:元禄1.11.27(1688.12.19)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の俳人。通称は七左衛門,のち庄左衛門。大坂伏見呉服町に住んだが,のちに河内国柏原へ移住。松永貞徳や安原貞室らと交流。富裕な町人で狂歌,俳諧に遊び,『河内鑑名所記』(1679)の刊行もある。大坂に住する俳人とも親しく,ことに古川定圃の前句付に助力を惜しまなかった。大坂の前句付振興に貢献した人といえる。他界の年には,8月から11月下旬まで,前川由平,井原西鶴と俳諧を興行しており,その途中で没した。<参考文献>平林治徳編『三田浄久

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

三田浄久の関連キーワード元禄宇都宮国綱宣祖宣祖三田浄久水府煙草Jamesメアリー[2世]高橋安之丞幇間

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone