三社祭(読み)さんじゃまつり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三社祭(歌舞伎舞踊)
さんじゃまつり

歌舞伎(かぶき)舞踊。清元(きよもと)。別称「善玉悪玉(ぜんだまあくだま)」。本名題(ほんなだい)『弥生(やよい)の花浅草祭(はなあさくさまつり)』。2世瀬川如皐(じょこう)作。初世清元斎兵衛(さいべえ)作曲。2世藤間勘十郎・松本五郎市振付け。1832年(天保3)3月江戸・中村座で、4世坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)の善玉、2世中村芝翫(しかん)(4世歌右衛門(うたえもん))の悪玉により初演。浅草三社祭の祭神である浜成(はまなり)・武成(たけなり)を暗示する漁師2人が、大空から降(くだ)った善玉・悪玉に魅入られ、善悪を象徴する振(ふり)をみせる。当時流行の心学思想に基づく山東京伝(さんとうきょうでん)の黄表紙『心学早染草(しんがくはやそめぐさ)』の挿絵からとった趣向で、日本舞踊には珍しく軽快なテンポと跳躍味に富んだ振が特色。初演のときは、山車(だし)人形の神功皇后と武内宿禰(たけしうちのすくね)が引き抜いて漁師2人になる構成であった。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三社祭の関連情報