コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三綱領・八条目 さんこうりょう・はちじょうもくSan-gang-ling Ba-tiao-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三綱領・八条目
さんこうりょう・はちじょうもく
San-gang-ling Ba-tiao-mu

中国の古典『大学』に説かれている儒家の学問のプログラム。三綱領は,明明徳 (明徳を明らかにする) ,親民 (民を親しく愛する) ,止於至善 (至善に止まる) 。八条目は,格物,致知,誠意,正心,修身,斉家治国,平天下。この八条目のおのおのは,それぞれ三綱領に配当される。三綱領と八条目は,宋代になって道学儒者に重視されるようになった。朱子は「親民」を「新民 (民を新たにする) 」と読み替えて解釈した。最も解釈の分れたところは,八条目の最初に位置する格物で,「物を正す」と読むか「物にいたる」と読むかの違いが,朱子学陽明学との違いになった (→格物致知 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報