コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三葉空木 ミツバウツギ

デジタル大辞泉の解説

みつば‐うつぎ【三葉空木】

ミツバウツギ科の落葉低木。山林中に自生。葉は対生し、先のとがった長卵形の3枚の小葉からなる。初夏、白い5弁花を円錐状につけ、花はあまり開かない。実は矢羽根形で薄い。若葉は食用になる。こめのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつばうつぎ【三葉空木】

ミツバウツギ科の落葉低木。山林中の湿地に生える。葉は卵形の小葉三個からなる複葉。初夏、枝頂の円錐花序に白花をつける。蒴果さくかは平たい卵形で浅く二裂。若芽は食用。材は箸はしや木釘にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三葉空木の関連キーワード円錐花序複葉木釘

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android