コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三谷宗鎮(初代) みたに そうちん

1件 の用語解説(三谷宗鎮(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三谷宗鎮(初代) みたに-そうちん

1665-1741 江戸時代中期の茶人。
寛文5年生まれ。儒学を伊藤東涯にまなび,茶は表千家6代千宗左の門人で,門下四天王ひとり。安芸(あき)広島藩主浅野家に儒者格でつかえ,京都藩邸詰め茶頭(さどう)をつとめた。寛保(かんぽう)元年5月12日死去。77歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は義方。字(あざな)は良朴。通称は丹下。別号に南川子など。著作に「和漢茶誌」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三谷宗鎮(初代)の関連キーワード光の科学史寛保佐藤周軒三谷宗鎮堀江六之丞東京大空襲大阪城アン浮世物語各務支考

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone