コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪大口 みわの おおくち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪大口 みわの-おおくち

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
日本書紀」によれば,大化(たいか)元年(645)東国国司の次官として赴任。翌年の東国国司たちの施政に関する裁定で,長官紀麻利耆拕(きの-まりきた)や部下の官吏たちとともに公私のものをうばうなどの違法行為があったとして,罪にとわれたが大赦でゆるされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android