コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大赦 たいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大赦
たいしゃ

の一種で,政令により罪の種類を定めて行うもの (恩赦法2,3) 。その罪で有罪判決を受けた者については,その言い渡しの効力が失われ,事件が訴訟係属中の場合には免訴判決 (刑事訴訟法 337条3号) で手続が終結する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐しゃ【大赦】

《古くは「だいしゃ」とも》
恩赦の一。政令で定めた罪について、有罪の判決を受けた者に対しては判決の効力を失わせ、まだ有罪の判決を受けていない者に対しては公訴権を消滅させるもの。
律令制の刑罰免除の一。死罪などの重罪をも許したこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大赦【たいしゃ】

恩赦の一種。政令で罪の種類を定めて行う。その政令に特別の定めがない限り,大赦のあった罪について,有罪の言渡しを受けた者についてはその言渡しは効力を失い,まだ有罪の言渡しを受けない者については公訴権が消滅する。
→関連項目免訴

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいしゃ【大赦】

恩赦の一種。政令で定めた罪について、有罪の言い渡しの効力および公訴権を消滅させること。
〔「だいじゃ」とも〕 古代の律における恩赦制度の一。八虐・故殺・謀殺などの重罪も免除するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大赦
たいしゃ

恩赦(おんしゃ)の一種。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大赦の言及

【恩赦】より

…近代日本において第2次大戦前は天皇大権の下にあった恩赦は,戦後は憲法の規定(73条,7条)の下に内閣が決定する。その内容は恩赦法(1947公布)に定められ,大赦,特赦,減刑,刑の執行免除,復権からなる。これは方式の点から,政令恩赦(大赦,一般減刑,一般復権)と,個別恩赦(特赦,刑の執行免除,特別減刑,特別復権)とに区分される。…

※「大赦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大赦の関連キーワードアムネスティインターナショナルポール デルーレートK. クラマーシュクサンティッポス恩赦と大赦と特赦ルイ マシニョンクサンチッポスプラカード事件アリステイデス大本教弾圧事件アムネスティーアンドキデス青木弥太郎安岡覚之助氏家 直国ブレダ宣言大井憲太郎犬養五十君新井 章吾紀麻利耆拕

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大赦の関連情報