コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪市 みわのいち

1件 の用語解説(三輪市の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みわのいち【三輪市】

日本古代または中世の市。〈武州文書〉応永22年(1415)写しの市場祭文(延文6(1361)年9月9日付)によると,市の始めは三輪市にありとし(近江愛智川の長野市でも同じ伝えがある),諸国の市が神によって開かれたことを述べている。これは三輪市も特定の神社と関係をもったことを示唆する。このような観点から,比定地として2案が考えられる。第1は,現,桜井市三輪字市尻で,大神(おおみわ)神社参道近くにあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三輪市の関連キーワード請文氏文大日本古文書武州相田二郎石井進笠松宏至早川庄八宝月圭吾吉田晶

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三輪市の関連情報