コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪晁勢 みわ ちょうせい

2件 の用語解説(三輪晁勢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三輪晁勢

日本画家。新潟県生。名は信郎。京都絵専卒。堂本印象に師事、のち印象の妹ミツ(径子)と結婚する。画風は義兄印象のモダニズムの影響を受け、色彩豊かで明るい抒情に溢れる。昨年作は優れた色彩感覚に更に渋味と深みが加わり、円熟した画境を示す。日展審査員。芸術院会員。昭和58年(1983)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪晁勢 みわ-ちょうせい

1901-1983 昭和時代の日本画家。
明治34年4月30日生まれ。三輪大次郎の子。堂本印象に師事し,東丘社にはいる。昭和6年帝展で「春丘」,9年「舟造る砂丘」がともに特選。戦後日展で活躍,37年「朱柱」で芸術院賞。54年芸術院会員。鮮明な色調による花鳥画,風景画を得意とした。昭和58年9月7日死去。82歳。新潟県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は信郎。初号は超世。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三輪晁勢の関連キーワード松本姿水森白甫吹田草牧富取風堂長谷川玉粹鬼頭如石酒井亜人常盤大空村松乙彦山下巌

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone