コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超世 チョウセ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐せ〔テウ‐〕【超世】

仏語。世の常をはるかにこえていること。

ちょう‐せい〔テウ‐〕【超世】

ちょうせ(超世)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうせ【超世】

〘仏〙 世に超えすぐれていること。特に、阿弥陀仏が三世の諸仏より超えすぐれていること。ちょうせい。

ちょうせい【超世】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

超世の関連キーワードテオドロス[アシネ]シェーアバルト超世の悲願羽渓 了諦阿弥陀仏三輪晁勢超世の願ちょう外婚制世襲家筋諸仏仏語伝承法楽三世嫡子良寛清談家系

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超世の関連情報