コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭小円朝(2代) さんゆうてい こえんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三遊亭小円朝(2代) さんゆうてい-こえんちょう

1858*-1923 明治-大正時代の落語家。
安政4年12月16日生まれ。江戸の人。初代三遊亭円朝の門下。小円太で真打となり,三遊亭金馬(初代)をへて明治36年円馬を名のるが,大阪の2代三遊亭円馬の意をうけて38年小円朝と改名。円朝ゆずりの人情噺(ばなし)を演じ,三遊派頭取をつとめた。大正12年8月13日死去。67歳。本名は芳村忠次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三遊亭小円朝(2代)の関連キーワード大正時代落語家