コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陀羅法師 さんだらほうし

美術人名辞典の解説

三陀羅法師

千秋庵。初号一寸一葉。本姓赤松氏、後清野氏。一葉の号を仙台の千柳亭唐麿に譲る。「五十鈴川狂歌車」「三陀羅霞」他著あり。文化11年(1814)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三陀羅法師 さんだらほうし

1731-1814 江戸時代中期-後期の狂歌師。
享保(きょうほう)16年生まれ。江戸神田にすむ。唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)の門下といわれ,千秋側の主宰者となって一派をひきいた。文化11年8月8日死去。84歳。姓は赤松,のち清野。名は正恒別号に一寸一葉,千秋庵。編著に「狂歌三十六歌仙」「狂歌三陀羅かすみ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三陀羅法師の関連キーワード十返舎一九宝市亭升成純々亭和樽浅草市人錦織弘景黄金升成祭和樽狂歌師