コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正恒 マサツネ

4件 の用語解説(正恒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まさつね【正恒】

平安中期の刀工。備前の人。古備前を代表する名工で、佐々木高綱宇治川の合戦で使った名刀「縄切正恒」の作者。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

正恒

生年:生没年不詳
平安後期の備前(岡山県)の刀工。元暦(1184~85)前の備前の刀工を古備前と称しているが,正恒は友成と共に古備前を代表する名工。しかし同銘が鎌倉時代までに数人おり,銘の書風も異なるため,江戸時代以来7種の銘があるといわれている。現存する作品はすべて太刀で,多くは細身,小切先で反りの高い平安時代特有の形姿を示し,板目の鍛えに,直刃仕立てに丁字,互の目を交えた刃文を焼く。友成と比較して,刃文に洗練さが加わるところから友成よりは時代が下るとみられる。古備前物のなかでも在銘作が多く,5口が国宝に指定されている。

(原田一敏)

正恒

生年:生没年不詳
平安後期備中の青江派の刀工。青江派は備中子位庄青江(岡山県倉敷市青江)を中心に,平安末期~室町初期に栄えた刀工群で,特に鎌倉前期を下らぬものを古青江と称している。正恒も古青江の刀工に含まれるが,厳密にはその居住地は青江に隣接する妹尾庄で,妹尾鍛冶として区別している。代表作に鶴岡八幡宮蔵の太刀(国宝)があるが,銘の位置が青江鍛冶が佩裏にきるのに対し,佩表にきる以外,作風は青江鍛冶と全く同様である。また愛知・滝山東照宮蔵の太刀は銘の位置も青江鍛冶と同様で,複数の同銘工の存在を窺わせる。<参考文献>東京国立博物館編『備中青江の名刀』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まさつね【正恒】

平安中期の備前の刀工。古備前中でも初期に属す。高尚な作風で、佐々木高綱の縄切正恒の作者。同名の刀工は初期の青江物あおえものにもいる。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正恒の関連情報