コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上の空 ウワノソラ

2件 の用語解説(上の空の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うわ‐の‐そら〔うは‐〕【上の空】

[名・形動]
他の事に心が奪われて、そのことに注意が向かないこと。また、そのさま。心が浮ついて落ち着かないさま。「上の空で人の話を聞く」
天空。空中。そら。
「山の端の心もしらで行く月は―にて影や絶えなむ」〈・夕顔〉
あてにならないこと。根拠がなく不確かなこと。また、そのさま。
「―にてものし(=行キ)たらむこそ、なほ便なかるべけれと思ひ煩ひて帰り給ふに」〈・夢浮橋〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うわのそら【上の空】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
他の事に心が奪われていて、当面の事に注意が集中していないさま。 「 -で話を聞く」
表面だけで、本質とは無関係であるさま。 「風に揉まれて-なる波を起す/草枕 漱石
軽率なさま。不用意なさま。 「かく-に御局あるまじかめるものを/落窪 2
空の上。空。 「はかなくて-にぞ消えぬべき風にただよふ春のあは雪/源氏 若菜上
漠然としていること。根拠のないこと。また、そのさま。 「御書をたまはらで申さむには、-にやおぼしめされ候はんずらん/平家 6

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上の空の関連キーワード一心不乱心酔手に付かない紛れる酔い我を忘れる憧れる気も漫ろ取紛れる酔い痴れる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上の空の関連情報