コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空け/虚け ウツケ

デジタル大辞泉の解説

うつけ【空け/虚け】

《動詞「うつ(空)ける」の連用形から》
中のうつろなこと。から。からっぽ。
愚かなこと。ぼんやりしていること。また、そのような者。まぬけ。
「余りに頼効(たのみがい)なき―の罪を」〈鏡花・註文帳〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

空け/虚けの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)ペイジ(Leroy Robert Paige)アイソレーションキーボード次世代航空保安システムReadyBoostインターバル休息制度トラクタフィーダーライフ・ステージコリジョンルールトラクタフィーダスルーホール技術サムターン回し内定(内々定)マズルブレーキunloadTABコードひとりぼっち円卓の騎士空白文字顕微授精

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android