唖然(読み)あぜん

精選版 日本国語大辞典「唖然」の解説

あ‐ぜん【唖然】

〘形動タリ〙 思いがけないことに驚き、あきれて物も言えないさま。
花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三三「ダービル(アぜん)笑して曰く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唖然」の解説

あ‐ぜん【×唖然】

[ト・タル][文][形動タリ]思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさま。あっけにとられるさま。「意外の出来事に唖然とする」「唖然たる面持ち」
[類語]放心呆然驚くびっくりするどきっとするぎくっとするぎょっとするたまげる仰天する動転する喫驚きっきょうする驚愕きょうがくする驚倒する一驚する驚嘆する瞠目どうもくする恐れ入るあきれる愕然がくぜんとする呆気あっけにとられる目を疑う目を丸くする目を見張る息をのむきもをつぶす腰を抜かす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android