コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上刺(し)袋 ウワザシブクロ

デジタル大辞泉の解説

うわざし‐ぶくろ〔うはざし‐〕【上刺(し)袋】

昔、貴族が外出の際、衣服などを入れて従者に持たせた。綾や錦(にしき)で作られた袋の側面上刺しをしたもの。底は円形または四角で、口のかがりにひもを通して締める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上刺(し)袋の言及

【袋物】より

…袋物はわれわれの日常生活に深くつながるため,食糧,衣服,器財,燧(火打)袋,武具などを納めるために用いたものが最も古い。衣服,器財を入れた携行袋は強さと装飾を兼ねて上刺(うわざし)をほどこして上刺袋と称し,平安時代から盛んに用いられ,江戸時代にはこれを番袋ととなえ,風呂敷とともに需要の高かった袋物である。発火器としての燧袋は,匂袋(においぶくろ)とともに腰さげ袋として古くから用いられ,のち金銭や薬品を入れるようになり,鎌倉時代には巾着(きんちやく)の発生をみた。…

※「上刺(し)袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android